h4弁護士に上手に相談するには


SOUDAN私が、初めて弁護士に相談事を持ちかけたのは、会社の「法務部」へ配属されたときでした。

相談の内容は、これから行う取引について、どのような点に気をつけるべきか、それを契約書にどのように記載すべきか、ということでした。

その後、案件の説明をしてもらうため、弁護士のところにその案件の担当者を連れて行ったことが何度かあります。

お客さんとトラブルになったがどうしたらいいのか」、であるとか、「お客さんが破産したのだがまず何をしたらいいのか」、であるとか、そのような相談をしました。

何度か、弁護士と案件の担当者が話しているのを聞きながら、「弁護士に上手に相談するには、どうしたらいいのか」、について考えていました。
以下、その方法について、書いてみたいと思います。


point1時系列で紙に書き出す


弁護士に相談するに当たって、まずは事実関係を自分で把握した上で、「時系列で紙に書き出してみる」必要があります。
自分の感情を交えないこと、本筋とは関係がないことを話さないこと、この二つが重要で、そのために紙に書いてみるのです。

弁護士への相談は、「時間で料金がかかる」ことが多いです。
本筋に関係のない話すればそれだけ時間がかかります。

しかしそれ以上に聞いている弁護士が混乱します。
その結果、理解してもらうのに時間がかかってしまいます。


point2どうしたいのかを明確にする


次に、弁護士は法律の専門家ですが、法律で解決する問題は実はあまりないのだと思います。
状況がにっちもさっちも行かなくなって、「裁判所に持ち込んで解決してもらうしかない」という状況も確かにあります。

しかし、実際に裁判を行うとなるとお金と費用がかかります。
最終的には裁判に至らずに問題が解決するのが一番いいわけです。

そのため、弁護士は、法律的にはこうなる(つまり裁判を行うとこのような判断がされるはずである)、ただ今すべきことはこういうことである、という話の仕方をされるのではないかと思います。

このような話をしてもらうためには、「自分が何を求めているのか」、をはっきりさせておく必要があります。
これも書き出してみるのが、一番いいと思います。

よく、許せないという気持ちで弁護士に相談を持ちかける人がいるのですが、許せないを解決するのは弁護士の仕事ではないと思います。

許せない、ので、こうしたい」、をはっきりさせておくべきなのです。

夫が浮気したのが許せない、だから「離婚したい」のか、「慰謝料を払ってほしい」のか、「子供に二度と会わせたくない」のか。
あるいはこれらのいくつか、または全部をしたいのか。

以上を読んでいただいて、弁護士への相談がより実りのあるものになることを願ってやみません。

li610_02

h4弁護士相談で失敗しないための注意点


SOUDAN2私は都内私立大学の「法学部」に通っており、直系の先輩に多くの法律家がおります。

その縁で、「こういう依頼人は本当に勘弁してほしい」というお話を聞かせてもらう機会が多いので、そのことについて少し書きたいと思います。

全部で三パターンあります。


point1
ただの悩み相談になっている依頼人。


弁護士は基本的には法律上の訴訟についてその補助をする職です。
法律上の訴訟とは、法律を用いて終局的に解決できる争いをいいます。

ですから、これこれこういうことで、誰々と争っていて、こういう「法律上の利益(損害賠償を取りたい、慰謝料を取りたい)」ということをいってもらわないと、弁護士は困ってしまいます。

話を聞いてもらいたいだけの悩み相談は、カウンセラーのところへどうぞ。


point2
嘘をつく依頼人。


弁護士は事実に基づいて法律を適用するので、事実でないことを喋られると、間違いがわかったときに一からやり直しになります。
これはとくに借金関連の相談で多いと聞きます。

弁護士の前では変な見栄を張らずに、「正直に借りている金額」をいうべきでしょう。


point3
ほかの弁護士や法律家にも同時並行で相談する依頼人。


これ自体は法律上の争いにおけるセカンド・オピニオンと言えるもので、悪くないのですが、弁護士も人間です。

信頼関係が築けない依頼人とは仕事はできない、というのが本音ではないでしょうか。
弁護士も多くの案件を抱えており、一つ一つに全力で取り組むことは、物理的に不可能なのです。

その上でどのような案件に力を注げるかといえば、やはり「信頼できる依頼人の案件」なのです。

皆さんは、弁護士に好かれよう、媚を売ろうと思う必要はありません。

最低限の法律の知識をもって、自分がなにをしたいのか、すなわち自分が実現したい法律上の利益をはっきりさせて、嘘をつかず、弁護士を信頼して依頼をすると、良い結果が得られるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ