不動産に損害賠償を請求して勝訴 ~弁護士相談で隣人トラブルが一気に解決!

ilm01_ab04025-s

 

 

h4不動産に損害賠償を請求して勝訴

 

 

隣人と大モメ!」経緯はこうである。
今年一月、友人とルームシェアをはじめるために、物件を借りた。

個人の契約であったが、二人で使うことを不動産屋にこれでもかと念押しし、大家も了承していたはずだった。

 

無事部屋を借りルームシェア生活が始まって二ヶ月ほど、隣人から「ゴミの捨て方が悪い」「廊下が汚い」などと言われはじめ、私も当初はそれに従っていた。

 

しかし段々と、隣人の「抗議」は声を強め、隣人は我々が二人で部屋を使っていることが気に食わないのだと分かり始めたため、大家に相談した。

すると大家からとんでもないことを言われた。

二人で使うなんて聞いていない!」どうやら不動産屋は、契約を取りたいがために、大家にルームシェアの件を誤魔化して契約を結ばせたらしかった。

当初は隣人への怒り、大家への怒り、不動産屋への怒りが入り混じっていて、誰にどう訴えかけていいかわからず、何らかの法的手段を取りたくても取れない状況であった。

 

そこで「弁護士に相談」した。

不動産屋に損害賠償請求ができること、大家と隣人になんら法的責任がないことをわかりやすく教えてもらえた。

おかげで問題は一気に解決へ向かう。

すなわち、不動産屋に損害賠償を請求し、家賃約3ヶ月分が戻り、不動産屋が新しい物件を紹介してくれ、そこに引っ越すことができた(引越し代は自腹であったが)。

いまはとくにトラブルもなく、隣人ともうまくやっている。

 

思うに不動産屋がここまで我々の要求を飲んだのは、弁護士に相談していたからなのだ。

法律に詳しくもない私はまず問題の特定が出来なかった。

仮に法律に詳しくともなんの権威の後ろ盾もない一市民では、不動産屋も相手にしなかっただろう。

 

こんなこと頼んでいいの?」と思う小さなことでも、ぜひ相談してみてほしい。

一気に解決となることは、多々ある。

サブコンテンツ

このページの先頭へ