収入が重要な年金受給者の借り入れ事情

定年を迎え会社を退社し、年金で暮らしている年金受給者でも、何らかの収入を得ている人なら、銀行などで普通にローンが組めます。

年金受給者専用の、ローンのシステムを設けている銀行というものも存在していますから、そうしたものを頼ればさらに行程はシンプルになります。

 

安定した収入の発生がなく、シンプルに受給されている年金だけで生活している人は、残念ながら一般的なローンの使用は難しいのが現状です。

特に年齢が六十代を過ぎてしまうと、審査に受かる確率はぐっと低下します。

 

どうしてもローンを組めないという時には、通常の貸金業者を頼らず、年金担保融資を行っている、一部の事業を頼ってみるのも一つの手です。

年金の受給者を対象に、受け取っている年金の年額の範囲内で借り入れが望めるこのシステムは、貸付金の利用用途が明確なことを条件に適用されます。

 

医療費やリフォーム賃、冠婚葬祭の費用など、借りたお金を使う道をはっきりと提示できるのなら、年金の振り込みがある金融機関に問い合わせを行ってみるのが良いでしょう。

 

年金受給者として、お金を借りる選択肢というものは限られますが、だからと言って怪しいサービスに手を出すのはよくありません。

悪徳な企業は、目標を罠に誘導するために、様々な甘言で誘惑してくるものです。

 

誰でも借りられる、手続きも簡単で即日融資可能、といった言葉には耳を貸さず、付き合いのある銀行や信用金庫などを頼って借り入れに挑戦していきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ